仕様書

先日作ったマリンなポーチ

自分でも気に入ったので、ちょっと細かいところを変えて作り直すことにしました。

ベースのポーチ自体は基本のカタチなので、

ずんずん作っていたのですが…

あれ?

窓部分の作る順番を間違えて、ストップ。

先に作った方は出来上がりが頭に浮かんで、どこからどう作るか色々考えてから始動。

そのせいかスムーズに出来上がったのですが、

今回ちょっと間があいて、無意識にどんどん作っていたらあれれ?ということに。

自分の記憶力のなさにガックリ。

こういう時に慌てて無理にすすめてもいいモノが出来ないので、

一旦止めて、今日は仕様書を作りました。

大体新しいものを作る時には、ざっくり手書きの製図をA4のコピー用紙に書いておき、

作る過程での気づきをどんどん書き込んでいきます。

パパっと走り書きだし、書き込みすぎて、私にしか解読不可能。

前回はお試しで作ったこともあり、特になにも書かずに作ったので、

今回は製図と一緒に気をつけたい手順もメモ。

相当雑なので、寄りで写せませんがw

本当は私、頭の中だけでは動けない。

図にして書き出して、頭の中を整理していかないとパンパンになります。

ぼんやりしているところを書き出すことで明確にする感じ。

前回たまたまスムーズだったので、ちょっと調子に乗ったなぁ~。

やっぱり私は書かないとダメみたいです。

もう一度戻ってやっとここまでやり直し。

まぁるい窓があきました。

今度はスムーズにいけるよう、集中してがんばろ。

作業しようとテーブルを片付けていたら、

haruの落書きを見つけました。

実は先日、テレビのドラえもんで見た絵描き歌を覚えたのですが、

数日後、突然鉛筆を投げ出し、描けないと泣き出すharu。

もう二度とドラえもんは描かないのかと思うほどの癇癪だったのですが、

10日ほど経ってひっそり描いていました。

なんか色々足りないような気はするけど、

大丈夫!

たぶんドラえもんだって分かるよー。

Sieta.の販売はこちら。

https://www.creema.jp/c/sieta

■ランキングに参加しています。

クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク