パターンマジック

昨日はひとり図書館へ。

私は本屋も好きですが、図書館が大好きです。

もちろんタダだから!というケチくさい理由もありますが、

本屋だと、お金や収納スペースに限りある中で選ぼうとするので、自分に必要不可欠と思えるものばかり見てしまうんですよね。

その点、図書館なら選び放題!

普段買わないような本だって、気にせず手にとって、借りて、じっくり読むことが出来る。

ちょっと大げさですが、私にとって新しい世界が広がる場所でもあります。

もちろん図書館で新刊は借りられないし、大事に手元に取っておきたい本や借りてみて「やっぱり欲しい!」と同じ本を買うことも。

それに本屋さんの新しい本の匂いも好き。

それでも、引っ越しや職場が変わったときに真っ先に調べるのは図書館の場所。

立ち寄りやすい場所にあることが分かったら心の中でガッツポーズ!

よく行く隣区の図書館は自転車15分圏内に4箇所ほどあるのですが、同じ区の図書館なのに雰囲気も、力を入れている分野やラインナップも違うので面白い。

あちこち転々と気分で回っています。

昨日行った図書館で見つけた本がこれ。

中道友子さんの『パターンマジック』と『パターンマジック vol.3』。

立体的な服を作るときのパターン(型紙)を起こす考え方が説明されています。

この本、今までに本屋でも、図書館でも、よくお見かけし、

何度も手に取り、パラパラと見せていただいたことがありますが、

美しい立体的な服のカッコイイ写真を見てるだけでも惚れ惚れ。

しかし、服作りはしない私にとっては「へぇ~!すごーい!」と感嘆!

で終わり、でした。

でも、

昨日は本に呼ばれてしまったんです。

で、「これバッグ作りの参考になったら面白いな~」とふと気持ちのつぶやきが。

借りてみて、じっくり読んでみたら面白い!面白すぎる!!

具体的な型紙やサイズが載っているわけではなく、服作りをする上での形を作っていく考え方が書いてあるのですが、

写真に魅入り、説明を読み込み、「はぁぁぁ~」とか「ほぉぉぉ~」とか意味不明の吐息?ため息?をダダ漏れさせながら読みました。

試さずにはいられなくなり、夕食後にチマチマ型紙を作成。

嬉々としてなにやら描いている私を見ていたharu。

「ねーねー、かーちゃん何やってるの~?」

「実験~」

「へー。たのしそう~」

「うん!楽しい!!」

haruが寝てからササッと帆布の端切れで作ってみた波。のようなもの。

飛び出ている感じ、伝わりますか?

ザブーン!

ヤバイ。楽しすぎる。

この本は買い、決定です。

色々実験してみて、立体的なバッグも作ってみたいな~

Sieta.の販売はこちら。

https://www.creema.jp/c/sieta

■ランキングに参加しています。

クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク